喜一の終活生活のススメ

結婚やお葬式などの特別な生活セレモニーの進め方を年寄目線の体験談で紹介

家族葬にしたいけど、故人がそれを臨んでない場合は…。

故人の遺した遺書の扱いについて

故人の遺書を解くと、葬儀に関する様々な要望が書かれていたりするのですが、その中には無理なことがたくさん綴られていたりもします。
たとえば、「葬儀社はここで豪勢に上げてもらって」、「棺は金色が良くて」、「戒名もちゃんともらって」といったことが延々と書かれていたりすることもあり、そういった要望をすべて叶えるには莫大な費用が必要だったりするのですが、遺族にそこまで費用がない場合は、家族葬にするという選択もあるのです。
逆に「町屋斎場 家族葬」など具体的な斎場や葬儀方法を指定している場合などは楽です。
もちろん叶えやすいものも、費用的に困難なものもそれぞれありますが、全ては個別に判断すれば良いと思います。

遺書は参考程度に留め、葬儀が負担になりすぎないようにしましょう

故人の遺書に書かれていることを破る、というのは、なかなか罪悪感の伴うことかもしれませんが、そもそも葬儀というのは「生きている人の心の整理のために」おこなうもの。
つまり、生きている人が葬儀費用に振り回されて辛い想いをするというのは本末転倒なので、金銭面で辛い場合は、家族葬にしてしまえばいいのです。
故人がそれを望んでいなかったとしても、家族葬が一番遺族にとってラクなのであれば、家族葬を選ぶことをおすすめします。

家族葬を基本にできるだけ故人の思いを叶える方向で調整すれば良い

家族だけの葬儀であっても、最近では色々なプランが用意されているので、必要最小限の費用で、最大限の葬儀ができるようになっています。
もちろん、棺や壇上、生花は好きなものを選べますし、ある程度の自由は利くので、無理のない範囲で故人の要望に応えつつ、最小限の費用で心を尽くせば、それで十分なのです。
もしも、家族葬を選ぶことに罪悪感を覚えているのであれば、ネットなどで近年の葬儀事情を調べてみましょう。
今は大不況なので、葬儀すらまともに上げられない人がたくさんいます。
むしろ、葬儀を上げられるだけでも非常に幸いなことなので、費用が少ない場合は素直に家族だけの葬儀を選択し、身内だけでゆっくりと葬儀を上げるようにしましょう。

喜一の終活生活のススメコンテンツ一覧